トップ / 商業用と事務用の印刷

商業用と事務用の印刷

生活に身近な印刷物

証券

事務用の印刷について

印刷を分類するときはオフセットや活版、スクリーン、デジタルなど、技術的な面に注目する場合もありますが、刷られたものがどのように使われるかという目的で分類することも多いです。目的で分類した場合、一般的に印刷物としてイメージが強いのは、新聞や本などの出版、チラシやポスター、カタログなどの商業ですが、その他に商品券やチケットなどの証券、段ボールや建材、電子部品などを対象とする特殊などもあります。そして、もっと身近なもので見落としがちなのが事務用印刷です。こちらは名刺や手帳、伝票など。事務用の場合、製品のメーカーが自社でする場合が多く、特注品などに限って業者が扱うという特徴があります。

事務用ではコストが重要です

企業活動におきましては、プリント業務は不可欠です。とりわけ、事務用印刷の場合は、ビジネスに直結しているという特徴を持っていますので重要です。また、コストをできるだけ低く抑えるというのも、忘れてはならない大切なポイントです。企業の業績に直接かかわってくる事柄です。昨今は、対外的なプレゼン用に、カラープリントが求められる事例も増えてきました。もちろん、技術的な対応は可能ですが、カラーを大量に印刷すると、かなりのコストがかかってきます。発注する企業のメリットをも考えた上で、事務用印刷に応じることが大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright 印刷の技術と目的による分類. All rights reserved.